解体する物件が最近増えています

query_builder 2022/03/05
最新情報
B89F1EFE-AAF9-4541-8910-9D9220B452C8

●更地にする費用はどのぐらいかかるのか

家屋の中にある動産物の処分は別費用です。他、樹木の抜根伐採、ブロックフェンスの解体、家屋の解体、アスファルト剥がしなど、とにかく土の状態にするのが一般的です。気をつけるポイントとしましては、境界周りです。土地が道路より高ければ安易にブロックフェンスを取ってしまうと、土留めがなくなり、土が土地の外へ流れていってしまいます。


●年々解体現場が増えています

高度成長期からバブル期にかけての建物が、経年劣化として、すでに使い倒されたような家屋が多く、そこまで来ると、次にその不動産を使う人は、現状回復して使うというよりは、土地としての使うことしか選択肢が無くなります。土地を売る中で解体費用はかなり費用がかさみます。解体ありきで土地として売らなくてはならいところまで来ると、不動産の現金化を考えた時には、最後の手残り費用はほぼない、もしくは持ち出しの費用が必要というケースは多々あります。


●売り時を逃している不動産

不動産取引の観点から言うと、売り時を逃しているのが解体ありの古家付き土地ということになります。まだ使えるうちに手放すことを、まだ普通に難なく使っているうちだからこそ、気づかない人が多いのではないかと思います。特に土地が小さめで、価値が高いとは言い難いエリアの不動産は要注意です。売って手放す際には、大きくマイナスということも覚悟が必要です。


●築古物件の買取はかなり安くなりやすい

特に使い倒され、新築からほぼリフォーム、お手入れがされていないような物件、リフォームはある程度されていても建物が限界が来ていたり、シロアリ被害に見舞われていたり、最近ですと、DIYで変に個性的なリフォームがかけられていたりというのも増えてきました。それでも解体まで必要ないような物件かそうでないかは紙一重です。

NEW

  • 相続した不動産は「栃木買取不動産」へお売りください!

    query_builder 2022/03/13
  • 栃木県の不動産買取と言えば「栃木買取不動産」におまかせください

    query_builder 2022/03/07
  • 解体する物件が最近増えています

    query_builder 2022/03/05
  • 栃木県内 事業用地求む!

    query_builder 2022/03/01
  • 土地を売る時の売主負担になる費用

    query_builder 2022/02/20

CATEGORY

ARCHIVE